保健室発 からだの学習 『観』を育む小中の健康教育
ようこそ保健室へ。ポケット小中学校の養護教員ミルミル先生です。あなたのお役に立てるものが入っているかな?
   

「からだのおしゃべり」追加し…

2020.06.26

最近、ドラッグストアに並ぶ空間除菌剤が気になっています。寒くなってインフルエンザが流行する時期にも、たくさんの空間除菌剤が並びますよね。
これらの空間除菌剤の説明書によれば、その成分は二酸化塩素(CLO2)で、25立方mの空間では6時間で99%の菌やウイルスを殺菌できるとのことです。
その通りだとすれば、この除菌剤を使えば、ほぼ無菌に近い空間で生活することができるということになります。果たしてそれは、私たちの健康に繋がるのでしょうか。
答えは「そうとは限らない」です。なぜなら、私たちが持っている免疫力は、身近にいるたくさんのウイルスや細菌によって形成され、かつ刺激されて強くなっていくものだからです。
実はこの空間除菌剤のCMにも「子どもが大人と同じ免疫力を持つには約15年かかる」という小児科医師会のコメントが載っています。つまり15年かけて様々な細菌やウイルスに感染しながら、免疫力がついていくことで、ある程度の病気にはかからずに、健康に過ごせるようになっていくという意味ではないのでしょうか。
細菌もウイルスもいない空間では、免疫力は強くなっていかない、ということを、このCM自体が伝えているとも言えます。CMが言いたいのは「だから子どもを守るためにウイルスや細菌を除菌してあげましょう」でしょうけれど、逆の結果を引き起こす可能性もあることになります。ちなみにこの商品の説明書には、「病気を予防することはできません」とも書かれています。
私たちはウイルスや細菌と一緒に生活し、共生しています。まさしく「with コロナ」。もちろん、病気の原因となるウイルスや細菌は、避けるにこしたことはありませんから、予防のための行動は大切です。しかし、私たちの周囲にある全てのウイルスや細菌が「排除すべきもの」なのではないのです。空気中にいるウイルスや細菌も、テーブルにくっついているウイルスや細菌も、「全部なくしてしまえばいい」と簡単に考えるべきではないと思うのです。
人間とウイルスや細菌の関係を、これを機会に見なおしてみることも必要なのかもしれません。

 京都 御寺泉涌寺 夏の庭

新型コロナ ほけんだより作り…

2020.05.31

「新型コロナ」の予防について、ほけんだよりを作ってみました。小学校4~6年生用と中学生用です。今回のように「伝えること」が多い場合のほけんだよりは、からだの学習にするには無理がありますので、普通に担任が読んで、さらに説明を付け加えるように作ってみました。
ほけんだよりのカテゴリー、小学校高学年と中学校の間にあります。使ってみてください。