保健室発 からだの学習 『観』を育む小中の健康教育
ようこそ保健室へ。ポケット小中学校の養護教員ミルミル先生です。あなたのお役に立てるものが入っているかな?
   

「悪いのはコロナ」は本当?

2021.09.09

性の学習に3年1時限目と3年2時限目をUPしました。

現代社会が抱える問題の一つ。現実社会でもインターネット上でも、誰かを悪者にして、怒りの矛先をそこに向け、徹底的に叩く・・・という現象。五輪の選手やドラマの出演者、犯罪を犯した人や、時によっては全くの社会的弱者と言われる人までターゲットにして、最悪の場合その命が失われるまで追いつめる、という行為は、教育の場できちんとした指導がなされるべき、まさしく「教育課題」の一つでもあります。
その基本姿勢は、五輪では成し遂げられなかった「多様性と共生」。
つまり、人間自身が、自然を構成する一つの生き物であり、その点ではウイルスや細菌と何も変わらない「共生」しているものであること、そして、多様な生き物が助け合ったり殺し合ったりしながら生きているのだという事実に、きちんと向き合うことが基本ではないでしょうか。新型コロナウイルス感染症と人間の関係も同じです。悪いのは、共生を否定し、コロナに感染した人を「差別する行為」であり、「差別する発想」でしょう。コロナウイルスではありません。

感染者への差別をなくしたい気持ちはわかりますが、だからといってコロナウイルスを悪者に仕立て上げ、非難の矛先をそちらに誘導するのは教育の役割ではありません。
そもそも感染症が流行するのは、だれか(あるいは何か)が、悪いことをしているからなのでしょうか。病気になるのは、そんなに悪いことなのでしょうか。
私たちは一生の間に様々な病気や事故とつき合わざるを得ない生き物です。パラ五輪の選手の中に、生まれた後に障がいを負った人がたくさんいることをみても、それは明らかです。
大切なのは、その中でどう生きていくか、ということだと思います。「悪いのはコロナだからね」と教室で指導すれば、子どもたちは「そうか。コロナをやっつければいいんだ」と非難の矛先をウイルスや細菌、身の回りの「汚い」「弱い」と言われているものに持っていくでしょう。もしかすると、同じ教室にいる「バイキン」とあだ名される友達に向かうことだって考えられます。繰り返しますが、悪いのは「差別する行為」「差別する発想」なのです。これがなくならない限り、「多様性と共生」は実現しないのです。

教育の場にある者は、自分が発するメッセージや内容に敏感であるべきです。
いわゆる「隠れたカリキュラム」がないか、十分に検討するべきです。これは「忙しいからできない」では済まされない・・・私は自分自身の自戒を込めて、そう考えます。

藤田紘一郎さん、ありがとうご…

2021.07.08

ショート指導に小学校高学年向「身長と体重と骨と筋肉」、中学生向「ペストマスクはどうして?」をUPしました。
2学期の身長体重測定の後にいかがでしょうか。

先日、新聞で「寄生虫博士」の藤田紘一郎さんが亡くなったことを知りました。
二十数年前になりますが、まだ小さかった息子を連れて、目黒の「寄生虫館」を訪れたことがあります。展示してある「サナダムシ」の標本に驚き、さらに、これを体内で飼っていた人がいる!!という衝撃の事実を知りました。それが藤田紘一郎さんでした。
以来、藤田さんが書かれた本をたくさん読みました。
学校にいた頃は保健室にも藤田さんの本があり、子どもたちには大人気でしたし、今でも私の本棚には藤田さんの本がたくさん並んでいます。

寄生虫と花粉症の関係とか、うんこの話とか、常在菌のこととか、藤田さんのお話は、とにかく楽しい!
そして、「人間は自然の一部なんだ」ということを、しみじみ感じさせられるのです。
ウイルスも細菌もサナダムシも人間も、同じ地球という家の中で生きている・・・ということですよね。

藤田さんの本で、たくさんのことを教えて頂きました。
心よりご冥福を祈ります。

色づいたミニトマト カラスも狙っているようです。

 

 

ワクチン接種

2021.06.08

コロナワクチンについての「からだのおしゃべり」をアップしました。
小学校高学年用と中学生用の2つです。

ワクチン接種と聞くと、どうしてもかつてのインフルエンザの集団接種を思い出してしまいます。
わたしも現役時代の前半は、学校でインフルエンザの集団接種に関わっていました。
「集団で生活するのだから、接種は当然よ。」
などと、とんでもないことを平気で生徒達に言っていました。
当時のみなさん、わけのわからない誤った発言、本当にごめんなさい!
もし目の前にいた生徒達に、大きな副反応事故がおきていたら、と考えると、今でもやり切れない気持ちでいっぱいになります。
言い訳をするのではないのですが、当時現場の養護教員達には、インフルエンザのワクチンに重大な副反応があることは、一切知らされていませんでした。
しかし、当時の関係者は、そのことを知っていたようです。
集団フッ素洗口反対活動の中で、とある行政関係者が、
「インフルエンザワクチンに重大な副反応があることは、最初からわかっていた」と発言したのです。衝撃でした。会場にいた教職員は、一斉にざわつきました。
全国で副反応の犠牲になった子どもたちと保護者が裁判を起こすに至って、ようやく現場の養護教員がその危険性を知り、様々な分野の人たちと連携した運動の結果、学校現場での集団接種は中止されました。
それまでの間、どれだけの小中学生が、副反応の犠牲になったことか・・・。
当時と今とで一番の違いは、副反応があることが、最初から公表されていることです。
そして、それに対処できるような対応が準備されていることです。
一方で、学校で集団接種をすることで、子どもたち一人一人のプライバシーが公表されてしまう危険性については、未だ解決の方法が示されていません。「簡単だから」「親の手を煩わせないから」という理由で、安易に学校での集団接種を行えば、誰が接種し、誰が接種しなかったか、という情報が丸見えになってしまいます。そしてそれが、差別やいじめという新たな問題を生んでしまわないとも限りません。これでは、本末転倒です。
学校での集団接種を実施するのであれば、接種の有無というプライバシーが、完全に守られる方法で実施されることは、最低条件です。

「ワクチンは、他人のためにするものではない」と私は考えています。自分自身が、病気から逃れるために行うもの。そして学校は、中立の立場でワクチンを語るべきだと考えています。子どもたちの知る権利、選ぶ権利を守り、科学的な情報を提供する・・・そんな目線で、「からだのおしゃべり」を作ってみました。