保健室発 からだの学習 『観』を育む小中の健康教育
ようこそ保健室へ。ポケット小中学校の養護教員ミルミル先生です。あなたのお役に立てるものが入っているかな?
   

ワクチン接種

2021.06.08

コロナワクチンについての「からだのおしゃべり」をアップしました。
小学校高学年用と中学生用の2つです。

ワクチン接種と聞くと、どうしてもかつてのインフルエンザの集団接種を思い出してしまいます。
わたしも現役時代の前半は、学校でインフルエンザの集団接種に関わっていました。
「集団で生活するのだから、接種は当然よ。」
などと、とんでもないことを平気で生徒達に言っていました。
当時のみなさん、わけのわからない誤った発言、本当にごめんなさい!
もし目の前にいた生徒達に、大きな副反応事故がおきていたら、と考えると、今でもやり切れない気持ちでいっぱいになります。
言い訳をするのではないのですが、当時現場の養護教員達には、インフルエンザのワクチンに重大な副反応があることは、一切知らされていませんでした。
しかし、当時の関係者は、そのことを知っていたようです。
集団フッ素洗口反対活動の中で、とある行政関係者が、
「インフルエンザワクチンに重大な副反応があることは、最初からわかっていた」と発言したのです。衝撃でした。会場にいた教職員は、一斉にざわつきました。
全国で副反応の犠牲になった子どもたちと保護者が裁判を起こすに至って、ようやく現場の養護教員がその危険性を知り、様々な分野の人たちと連携した運動の結果、学校現場での集団接種は中止されました。
それまでの間、どれだけの小中学生が、副反応の犠牲になったことか・・・。
当時と今とで一番の違いは、副反応があることが、最初から公表されていることです。
そして、それに対処できるような対応が準備されていることです。
一方で、学校で集団接種をすることで、子どもたち一人一人のプライバシーが公表されてしまう危険性については、未だ解決の方法が示されていません。「簡単だから」「親の手を煩わせないから」という理由で、安易に学校での集団接種を行えば、誰が接種し、誰が接種しなかったか、という情報が丸見えになってしまいます。そしてそれが、差別やいじめという新たな問題を生んでしまわないとも限りません。これでは、本末転倒です。
学校での集団接種を実施するのであれば、接種の有無というプライバシーが、完全に守られる方法で実施されることは、最低条件です。

「ワクチンは、他人のためにするものではない」と私は考えています。自分自身が、病気から逃れるために行うもの。そして学校は、中立の立場でワクチンを語るべきだと考えています。子どもたちの知る権利、選ぶ権利を守り、科学的な情報を提供する・・・そんな目線で、「からだのおしゃべり」を作ってみました。

マスクをしていれば大丈夫?

2021.05.06

先日、東京渋谷で、20代~30代の若い世代対象のアンケートが実施されました。テレビ等でも報道されたので、ご存じの方も多いと思います。
そのアンケート結果によると、新型コロナウイルス感染症が流行していても「マスクをしていれば大丈夫」という理由で外出する若者が、最も多かったとか・・・。
新型コロナウイルス感染症が日本で流行するようになってから1年。当初の知識が、時間の経過と共に誤解に繋がるような形に変化しているのではないかと不安になりました。
マスクは、基本的に「自分が持っているウイルスを、他人にうつさない」ためには、かなり高い効果を持っていますが、「他人が持っているウイルスをもらわない」ための効果は、決して高くはありません。1年前はそのことが伝えられていたのに、いつの間にか「マスクさえすれば」という偏った思い込みに変化してしまったことになります。
「コロナ対策を万全にして・・・」というよく聞く言葉も、「コロナにかからない」ことを保証しているかに聞こえますが、本当にそうなのでしょうか。疑問は膨らむばかりです。
世田谷区の調査によれば、無症状感染者の3人に1人はスーパースプレッダーだとか。次々と新しくなる情報はもちろんのこと、一度伝えたことも繰り返し確認しながら、正確な知識を子どもたちに伝えていきたいものです。

「読むだけ健康診断事前指導」(中学校バージョン)を、内科、眼科、歯科、耳鼻科、尿検査それぞれで更新しました。

                    庭いっぱいに広がって咲くスミレ

 

新学期 開始。

2021.04.06

4月。入学式や卒業式が軒並み中止になった昨年とは違い、制限はあるものの、晴れやかな子どもたちの笑顔が見られる今年。先生方は大変でしょうけれど、以前の姿が戻ってきつつあることに、ちょっとほっとする春です。

最近、マスコミで報道されるニュースには、ビックリさせられるものが次々と・・・。
「教師のバトン」に「こども庁」、「教員免許更新講習廃止」・・・etc
「えっ?」「え~!!」「何それ?」そして「だから前からそう言ってるじゃない!」
笑うしかないかな、とあきらめつつ、「大金かけて、時間もかけてとった免許はなんだったんだ」とか「現場の大変さ、繰り返し繰り返しずうっと訴えてきたでしょ!」とか、「庁を増やすより先に、マスクも買えない貧困家庭の子どもを今すぐなんとかして欲しい!」とか、思うことはたっくさん!!あります。どうやったら、こどもや親、教員の声が、政治に届くんでしょうね。

さて、そんな思いとは関係なく、健康診断が始まりますね。
健康診断もいろいろな問題点を繰り返し訴えてきたものの、改善される様子はありませんが・・・。
「コロナ禍で、事前指導も時間がとれない」という声に答えられるよう、「読むだけ」の事前指導小学校バージョンを載せてみました。担任の先生に読んでもらいます。
出典は「保健室発『からだの学習』」(東山書房)です。
自分が受けている検診はどんなものなのか、その検診で何がわかるのかを子どもたちに理解してもらった上で受けてもらいましょう。
なんと言っても検診の主役は、子どもたちですからね。

春の月山 雪山スキーのシーズンが始まりました。