自己紹介

ミルミルさん 経歴
1957年生まれ 山形県内の小中学校で37年間養護教員として勤務しました。
養護教員になりたての頃、先輩養護教員に誘われて、地元の自主学習会に参加。その活動を通して、当時宮城教育大学教授の数見隆生先生と出会いました。その後、数見先生の教育理論を、自分なりに解釈し、保健教育や性教育等の実践に活かしてきました。

2014年3月にリタイア。

2009年2月  
「保健室発『からだの学習』~“観”を育む小中の健康教育~」
を東山書房より出版

2016年4月  
「教師のための教育保健学」Ⅲ章5-3「教育課程全体に多様な保健指導を組み込む」執筆

2005~2007年、2011~2014年    
山形県教職員組合養護教員部長

  
現在  
「“人間と性”教育研究協議会山形サークル」  事務局長  

「子どもの歯と健康を考える会 山形」  事務局
思春期保健相談士  日本教育保健学会、日本学校保健学会会員

その他、保健教育や学校における集団フッ素洗口等の学習会講師として活動中
    
趣味  ミュージカル鑑賞  京都旅行  手芸  美術鑑賞  植物栽培(野菜、観葉植物)
    社交ダンス(JBDFラテン・スタンダード共にブロンズ級)