保健室発 からだの学習 『観』を育む小中の健康教育
ようこそ保健室へ。ポケット小中学校の養護教員ミルミル先生です。あなたのお役に立てるものが入っているかな?
   

新しいHPです

2022.12.06

すっかり冬になりました。
北海道はすでに雪がつもっているようですが、ミルミルの地元はまだ積雪はありません。
でも、寒い・・・。

さて、10月に紹介した一般社団法人“人間と性”教育研究協議会山形サークル主催の公開講座に参加してくださった皆さん、ありがとうございました。ハイブリット開催でしたが、たくさんの方に参加頂きました。

特に現地まで来てくださった皆さん、グループディスカッションも盛り上がり、広い会場でしたが、参加者の明るい声がこだまして、改めて「開催してよかった」と実感しました。
また来年、お会いしたいですね。

もう一つお知らせです。
新しいHPを作りました。これは学校等で行われる集団フッ素洗口についてのHPです。
「ブラック企業」と言われ、「勤務内容の精選」が指摘される一方で、各自治体を中心にさらに学校をブラック化し、子どもに不要な化学物質を摂取させる集団フッ素洗口が、今全国で拡大中です。

そこで、学校等での集団フッ素洗口の問題点を考えるHPを新たに立ち上げました。
もちろん、「保健室のポケット」にも適宜情報提供してきましたが、さらに詳しい情報を載せていく予定です。

学校関係者はもちろんのこと、保護者の皆さんにも読んで頂ける内容ですので、ぜひ皆さん、アクセス、紹介してください。

「フッ素・こどもと未来」  https://ff-children.com       です。

公開講座あります

2022.10.21

一般社団法人“人間と性”教育研究協議会山形サークル主催の公開講座があります。
会員でない方も参加できますので、興味のある方はご参加ください。
もちろん、お近くの皆さんは会場に参加していただき、遠くの皆さんはzoomでどうぞ。
QRコードから参加申し込みができますが、下のアドレスをコピーして検索しても,また、アドレスをドラッグして右クリックすると、「このページに移動する」が出てきますので、そこをクリックしても
申し込み画面に移動することができます。

     申し込み先 → https://forms.gle/JEm2u2oYjmmiSPF86  

                締め切りは11月7日とありますが、11月10日までは受付可能です。また、会場に
    直接おいでいただく場合は、申し込みをしなくても当日参加が可能です。

キアゲハの冬越し蛹育てます

2022.10.13

すっかり寒くなりました。
実は、先月から性教育をショート指導でできないかと考え、いろいろ教材研究をしていたのですが、これがなかなか難しい・・・。ほぼ1ヶ月、「考えたまま」過ぎてしまいました。この教材は、まだまだ研究する必要があるようです。完成したら、公開しますね。
今回は、性の学習の「デートDV」に「高校生用 ミルミルバージョン PP」をUPしました。

ミルミルの自宅の裏には芹が自生しているため、そこにキアゲハが産卵にきます。
芹はできるだけキアゲハに必要な分を刈り取らないようにしていたのですが、今年は幼虫が大発生して、一時は黒い一齢幼虫から黄色と緑の縞々の終齢幼虫まで、十数匹が芹を食む事態になりました。そのため、すっかり芹は食べ尽くされ、まだたくさん幼虫がいるのに「芹がない!!」という事態になってしまったのです。
やむなく、数匹の幼虫を室内にレスキューしたところ、それが蛹になり、どうやら「冬越し蛹」になってしまったようなのです。
どうしましょう。蛹を冬越しさせた経験はない!!
苦肉の策で、県内の博物館に連絡したところ、職員の方が親切に調べて連絡をくれました。
なんとありがたい。おかげで7匹の蛹は、なんとか冬越しできそうです。

    こんな蛹が7匹います。来年の春、無事羽化するといいなあ。

この後、もう1匹増えました。