今年は「五黄の寅」

2022年1月10日

カテゴリ:

皆さん、あけましておめでとうございます。
今年も「保健室のポケット」が、少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。
今年は「五黄の寅」。そもそも勢いのよい寅が、さらに元気な年、飛躍する年、ということですが、新年早々から「オミクロン株」の爆発的流行で、「どんな飛躍の仕方?」と不安も感じます。
せめて国や行政が、昨年の反省を生かした対応を取っていただけるとありがたいですよね。
さて、今回は「子どもの歯と健康を考える会」に2つの記事をUPしました。
ぜひご覧ください。

昨年11月に、友人からいただいた「花だいこん」の種を植えました。芽が出て、今はベランダでちょっと寒いけれど確実に成長しつつあります。
「花だいこん」は、春に薄紫の花をつけます。
第二次世界大戦初期、満州を転戦し疲れ果てたある兵士が、紫禁城のほとりに群生するこの花の優しさに心打たれ、「命あって日本に帰り着けたら、悲惨な戦争を繰り返さないように日本にもこの花を咲かせよう」と考えて持ち帰った花だそうです。
せめて「五黄の寅」の勢いを借りて、たくさんの花が咲いてくれるといいのですが・・・。さらに、世界中にも平和が勢いよく広がる年になるよう、五黄の寅!がんばってちょうだい!!

この犠牲は誰の責任?

2021年12月4日

カテゴリ:

ショート指導に「皮膚を守るのは『脂(あぶら)』」、子どもの歯と健康を考える会に「フッ素の神経毒性」をUPしました。「皮膚を守るのは『脂』」は、保健室で実験が出来ます。

先月、友人から1通のメールが届きました。そのメールに添付されていた新聞記事によると・・・
集団フッ素洗口を行っているある学校で、洗口液と消毒用アルコール液を間違え、洗口に使用した、というのです。洗口後に気がついたものの、何人かの子どもは頭痛や腹痛、口腔内や喉の違和感を訴えたというのです。                                                                
子どもたちは、どんなにびっくりしたことでしょう。そしてこの学校の担任や養護教員は、どんな思いだったでしょうか。それを想像すると、本当に胸が苦しくなると同時に、怒りがふつふつとこみ上げてきます。
学校は今、新型コロナ感染症の予防に神経と時間と労力をすり減らしています。
もともとブラック企業の代表選手のような学校が、一層追いつめられ、疲弊しているところに、フッ素洗口を持ち込んだのは、一体誰なんでしょうか。子どもたちを犠牲にしておきながら、その人は責任を取らないのでしょうか。
こんなことが起きる可能性があるからこそ、学校のような集団の場で劇薬指定のフッ化ナトリウムを扱うべきではない!!と今まで強く主張してきたのです。
そもそもフッ素洗口は教育活動ではなく、医療行為に近いものです。教育職である教員や養護教員が行うべき行為ではないのです。薬事法に照らし合わせても、資格のない教員や養護教員が、薬剤師の見ていないところで洗口液を分けること自体も法律に違反している可能性があります。こんなことは、今すぐ止めるべきです。
むし歯を予防する方法は他にもたくさんあります。一時的にフッ素を使ってむし歯を予防できても、正しく歯みがきする力がなければ、歯槽膿漏で歯を失うことになります。むし歯を作らないバランスの良い食生活を送る力がなければ、全身の健康が損なわれます。フッ素だけでは、問題は解決しないのです。
今、アメリカやカナダで、フッ素の神経毒性を指摘する声があがっています。様々なデータが発表され、中には「JAMA」のような権威のある医学雑誌に掲載されたものもあります(詳しくはカテゴリー「子どもの歯と健康を考える会」の「フッ素の神経毒性」参照)。
フッ素の多量摂取がIQ低下や発達障害の発生に関係しているという結論が確定してしまう前に、せめて学校での集団フッ素洗口からだけでも子どもたちを守りたい!!そう強く思わせる事故でした。

情報の信頼性

2021年10月10日

カテゴリ:

ほけんだよりに、小学校低学年「どれがむし歯なの?」小学校中学年「目の中には何がある?」小学校高学年「目玉おやじが生きている理由」中学校「これ、何に使ったの?」
新型コロナ情報「ティーンエイジャーに対するワクチン接種:説明と同意のプロセスが重要」をUPしました。

ようやく新型コロナウイルス感染症が落ち着きを見せています。
病気やワクチンに関して様々な情報が飛び交っています。「ワクチンにマイクロチップ」といった話は別にしても、書店にはコロナに関する本がたくさん並び、言っていることが全く違う、ということもしばしば。どれが正しいのかわからない、という状況です。
子どもたちに間違った情報を伝えるわけにもいかないし、かといって何を基準にしたらいいのかわからない、一体どうしたら・・・?という思いで、改めて情報の信頼性について科学の世界ではどうなっているかを調べてみました。

上の図は、ニューヨーク州立病院が作成した図を写したものです。
科学情報で最も信頼性が高いのは「メタアナリシス(システマティック・レビュー)」と言われるものです。複数の研究論文のデータを統計的手法で解析した結果出されるもので、「フッ素入り歯磨剤を使っていると、フッ素洗口の効果の上乗せはない」とするコクランのものがこれに該当します。
「ランダム化比較実験」というのは、2つ以上のグループにランダムに分けて検証する臨床試験。
「コホート研究」や「ケースコントロール」は、例えばたばこを吸っている人を何年か追跡し、どのくらい肺がんを発症するか調べたり、逆に肺がんの人を何人か調べて、過去にたばこを吸っていた人がどのくらいいるかを調べたりする方法です。前者がコホート研究、後者がケースコントロールです。
意外にも「専門家の意見」は、動物実験の一つ上です。もちろん、専門家の意見の中には、メタアナリシスやランダム化比較実験、コホート研究、ケースコントロールといった研究によって導かれたエビデンスを持って、提唱されているものが多いと思います。対立する意見があった時、信頼性を判断するのに大切なのは、そういった点なのかもしれません。
コロナウイルス感染症は、人間がその存在を認識してからまだ2年程度。詳しい研究もエビデンスも多くはないのです。
今月初めに「インターパーク倉持呼吸器内科クリニック」の倉持仁さんがツイッターで、「次の波が来る前に、早期に治療に介入すれば重症化を防ぎ、死亡率を下げられる、というエビデンスを作らなければなりません」とつぶやいていました。「早く治療すればひどくならない」という症例や1人の医師としての意見はお持ちなのでしょうけれど、それを「根拠」や「証拠」のある、科学的に信頼性のある「エビデンス」にすることが重要だ、ということなのでしょう。
なるほど。データや本を見る目が、今までとはちょっと変わりました。

「悪いのはコロナ」は本当?

2021年9月9日

カテゴリ:

性の学習に3年1時限目と3年2時限目をUPしました。

現代社会が抱える問題の一つ。現実社会でもインターネット上でも、誰かを悪者にして、怒りの矛先をそこに向け、徹底的に叩く・・・という現象。五輪の選手やドラマの出演者、犯罪を犯した人や、時によっては全くの社会的弱者と言われる人までターゲットにして、最悪の場合その命が失われるまで追いつめる、という行為は、教育の場できちんとした指導がなされるべき、まさしく「教育課題」の一つでもあります。
その基本姿勢は、五輪では成し遂げられなかった「多様性と共生」。
つまり、人間自身が、自然を構成する一つの生き物であり、その点ではウイルスや細菌と何も変わらない「共生」しているものであること、そして、多様な生き物が助け合ったり殺し合ったりしながら生きているのだという事実に、きちんと向き合うことが基本ではないでしょうか。新型コロナウイルス感染症と人間の関係も同じです。悪いのは、共生を否定し、コロナに感染した人を「差別する行為」であり、「差別する発想」でしょう。コロナウイルスではありません。

感染者への差別をなくしたい気持ちはわかりますが、だからといってコロナウイルスを悪者に仕立て上げ、非難の矛先をそちらに誘導するのは教育の役割ではありません。
そもそも感染症が流行するのは、だれか(あるいは何か)が、悪いことをしているからなのでしょうか。病気になるのは、そんなに悪いことなのでしょうか。
私たちは一生の間に様々な病気や事故とつき合わざるを得ない生き物です。パラ五輪の選手の中に、生まれた後に障がいを負った人がたくさんいることをみても、それは明らかです。
大切なのは、その中でどう生きていくか、ということだと思います。「悪いのはコロナだからね」と教室で指導すれば、子どもたちは「そうか。コロナをやっつければいいんだ」と非難の矛先をウイルスや細菌、身の回りの「汚い」「弱い」と言われているものに持っていくでしょう。もしかすると、同じ教室にいる「バイキン」とあだ名される友達に向かうことだって考えられます。繰り返しますが、悪いのは「差別する行為」「差別する発想」なのです。これがなくならない限り、「多様性と共生」は実現しないのです。

教育の場にある者は、自分が発するメッセージや内容に敏感であるべきです。
いわゆる「隠れたカリキュラム」がないか、十分に検討するべきです。これは「忙しいからできない」では済まされない・・・私は自分自身の自戒を込めて、そう考えます。

藤田紘一郎さん、ありがとうございました。

2021年7月8日

カテゴリ:

ショート指導に小学校高学年向「身長と体重と骨と筋肉」、中学生向「ペストマスクはどうして?」をUPしました。
2学期の身長体重測定の後にいかがでしょうか。

先日、新聞で「寄生虫博士」の藤田紘一郎さんが亡くなったことを知りました。
二十数年前になりますが、まだ小さかった息子を連れて、目黒の「寄生虫館」を訪れたことがあります。展示してある「サナダムシ」の標本に驚き、さらに、これを体内で飼っていた人がいる!!という衝撃の事実を知りました。それが藤田紘一郎さんでした。
以来、藤田さんが書かれた本をたくさん読みました。
学校にいた頃は保健室にも藤田さんの本があり、子どもたちには大人気でしたし、今でも私の本棚には藤田さんの本がたくさん並んでいます。

寄生虫と花粉症の関係とか、うんこの話とか、常在菌のこととか、藤田さんのお話は、とにかく楽しい!
そして、「人間は自然の一部なんだ」ということを、しみじみ感じさせられるのです。
ウイルスも細菌もサナダムシも人間も、同じ地球という家の中で生きている・・・ということですよね。

藤田さんの本で、たくさんのことを教えて頂きました。
心よりご冥福を祈ります。

色づいたミニトマト カラスも狙っているようです。

 

 

ワクチン接種

2021年6月8日

カテゴリ:

コロナワクチンについての「からだのおしゃべり」をアップしました。
小学校高学年用と中学生用の2つです。

ワクチン接種と聞くと、どうしてもかつてのインフルエンザの集団接種を思い出してしまいます。
わたしも現役時代の前半は、学校でインフルエンザの集団接種に関わっていました。
「集団で生活するのだから、接種は当然よ。」
などと、とんでもないことを平気で生徒達に言っていました。
当時のみなさん、わけのわからない誤った発言、本当にごめんなさい!
もし目の前にいた生徒達に、大きな副反応事故がおきていたら、と考えると、今でもやり切れない気持ちでいっぱいになります。
言い訳をするのではないのですが、当時現場の養護教員達には、インフルエンザのワクチンに重大な副反応があることは、一切知らされていませんでした。
しかし、当時の関係者は、そのことを知っていたようです。
集団フッ素洗口反対活動の中で、とある行政関係者が、
「インフルエンザワクチンに重大な副反応があることは、最初からわかっていた」と発言したのです。衝撃でした。会場にいた教職員は、一斉にざわつきました。
全国で副反応の犠牲になった子どもたちと保護者が裁判を起こすに至って、ようやく現場の養護教員がその危険性を知り、様々な分野の人たちと連携した運動の結果、学校現場での集団接種は中止されました。
それまでの間、どれだけの小中学生が、副反応の犠牲になったことか・・・。
当時と今とで一番の違いは、副反応があることが、最初から公表されていることです。
そして、それに対処できるような対応が準備されていることです。
一方で、学校で集団接種をすることで、子どもたち一人一人のプライバシーが公表されてしまう危険性については、未だ解決の方法が示されていません。「簡単だから」「親の手を煩わせないから」という理由で、安易に学校での集団接種を行えば、誰が接種し、誰が接種しなかったか、という情報が丸見えになってしまいます。そしてそれが、差別やいじめという新たな問題を生んでしまわないとも限りません。これでは、本末転倒です。
学校での集団接種を実施するのであれば、接種の有無というプライバシーが、完全に守られる方法で実施されることは、最低条件です。

「ワクチンは、他人のためにするものではない」と私は考えています。自分自身が、病気から逃れるために行うもの。そして学校は、中立の立場でワクチンを語るべきだと考えています。子どもたちの知る権利、選ぶ権利を守り、科学的な情報を提供する・・・そんな目線で、「からだのおしゃべり」を作ってみました。

マスクをしていれば大丈夫?

2021年5月6日

カテゴリ:

先日、東京渋谷で、20代~30代の若い世代対象のアンケートが実施されました。テレビ等でも報道されたので、ご存じの方も多いと思います。
そのアンケート結果によると、新型コロナウイルス感染症が流行していても「マスクをしていれば大丈夫」という理由で外出する若者が、最も多かったとか・・・。
新型コロナウイルス感染症が日本で流行するようになってから1年。当初の知識が、時間の経過と共に誤解に繋がるような形に変化しているのではないかと不安になりました。
マスクは、基本的に「自分が持っているウイルスを、他人にうつさない」ためには、かなり高い効果を持っていますが、「他人が持っているウイルスをもらわない」ための効果は、決して高くはありません。1年前はそのことが伝えられていたのに、いつの間にか「マスクさえすれば」という偏った思い込みに変化してしまったことになります。
「コロナ対策を万全にして・・・」というよく聞く言葉も、「コロナにかからない」ことを保証しているかに聞こえますが、本当にそうなのでしょうか。疑問は膨らむばかりです。
世田谷区の調査によれば、無症状感染者の3人に1人はスーパースプレッダーだとか。次々と新しくなる情報はもちろんのこと、一度伝えたことも繰り返し確認しながら、正確な知識を子どもたちに伝えていきたいものです。

「読むだけ健康診断事前指導」(中学校バージョン)を、内科、眼科、歯科、耳鼻科、尿検査それぞれで更新しました。

                    庭いっぱいに広がって咲くスミレ

 

新学期 開始。

2021年4月6日

カテゴリ:

4月。入学式や卒業式が軒並み中止になった昨年とは違い、制限はあるものの、晴れやかな子どもたちの笑顔が見られる今年。先生方は大変でしょうけれど、以前の姿が戻ってきつつあることに、ちょっとほっとする春です。

最近、マスコミで報道されるニュースには、ビックリさせられるものが次々と・・・。
「教師のバトン」に「こども庁」、「教員免許更新講習廃止」・・・etc
「えっ?」「え~!!」「何それ?」そして「だから前からそう言ってるじゃない!」
笑うしかないかな、とあきらめつつ、「大金かけて、時間もかけてとった免許はなんだったんだ」とか「現場の大変さ、繰り返し繰り返しずうっと訴えてきたでしょ!」とか、「庁を増やすより先に、マスクも買えない貧困家庭の子どもを今すぐなんとかして欲しい!」とか、思うことはたっくさん!!あります。どうやったら、こどもや親、教員の声が、政治に届くんでしょうね。

さて、そんな思いとは関係なく、健康診断が始まりますね。
健康診断もいろいろな問題点を繰り返し訴えてきたものの、改善される様子はありませんが・・・。
「コロナ禍で、事前指導も時間がとれない」という声に答えられるよう、「読むだけ」の事前指導小学校バージョンを載せてみました。担任の先生に読んでもらいます。
出典は「保健室発『からだの学習』」(東山書房)です。
自分が受けている検診はどんなものなのか、その検診で何がわかるのかを子どもたちに理解してもらった上で受けてもらいましょう。
なんと言っても検診の主役は、子どもたちですからね。

春の月山 雪山スキーのシーズンが始まりました。

 

3,11・・・あの日

2021年3月11日

カテゴリ:

その瞬間、私は保健室で保健委員会活動の真っ最中でした。
最初の揺れから、あっという間に強烈な揺れになり、保健委員の子どもたちに
「机の下に入って!!」と叫んで、私は保健室入り口のドアを開けると、子どもたちが潜り込んだ保健室中央にある大きな机の下に駆け込みました。
すさまじい揺れでした。
正座した状態で机の下にいたのですが、そのまま左右にからだが滑って移動するのです。
保健委員の中にはパニックを起こしそうな子もいたので、その子の腰に手を回し、飛び出さないように抑えるのが精一杯でした。
校舎のきしむ音、ガラスのビリビリ音、なんとも言えない「ゴォー!」という地鳴り。
学校という集団の場にいたからこそ、何とか対応できましたが、もし自宅にいたら、パニックに陥っていたかもしれません。

あの日、被災地の養護教員達は、信じられないような体験をしました。
体育館に避難したところを津波にのみ込まれ、2階のギャラリーまで押し流された人。
地震のショックで産気づいた妊婦さんの出産を手伝った人。
避難した屋上で津波のために孤立し、「ここにいる人間の中ではあなたが一番知識があるから」と言われ、救出者のトリアージを求められ、他人の命を背負った人。
子どもたちと一緒に校舎に取り残され、寒い夜をなんとか乗り切ろうと必死に走り回って物資をかき集め、泣きじゃくる子どもたちを抱きしめて一夜を過ごした人。
そして、原発事故のために、津波や地震に加えて更なる苦難を背負った福島の養護教員達。

東日本大震災後、私には忘れられない体験があります。
それは免許更新のために、埼玉県にあるA大学で講習を受けたときのことです。
講師の方が、東日本大震災に関して、こう話されたのです。
「皆さん、保健室のように重要なところは、きちんと鍵をかけておきましょう。災害が起これば、地域の人が学校に避難してきて、保健室から救急用具を自由に持ち出すでしょう。不安に駆られて、不要なものまで持ち出すこともあります。子どもたちが帰ってきたときに、子どもたちにあげる救急絆創膏は、とっておく必要があります。地域の人は土足で入ってきますからね。久しぶりに学校に行ったら、保健室のベッドに妊婦さんが寝ていた、なんてなったら大変でしょう?」
腹が立ちました、すごく! 怒りのあまり、その後の話は頭に入りませんでした。
保健室に妊婦さんが寝ていて、何が悪いんでしょうか。私なら率先して寝てもらいます。
冷たい体育館の床に寝るより、どんなにいいか・・・。
保健室の救急用具も「どうぞ使ってください」です。救急絆創膏を1枚多く持っていくことで安心できるなら安いものです。あの時、地震や津波、原発事故に襲われた地域の人たちが、どんな状態で、どんな気持ちでいたか、それを考えたら、保健室は救いの場だったはずです。鍵など必要ありません。
実際、保健室が震災直後の診療所の役割を果たした学校はたくさんあります。
それは「保健室に鍵をかけておいて、救急用具を地域の
人に提供しなかった」から、できたわけではないのです。
被災後、体育館のステージの隅に作った臨時保健室で、養護教員と一緒にいる子どもの穏やかな表情を見たことがあります。そうです、保健室は、保健室という入れ物や救急用具で成り立っているわけではないのです。

あれから10年。
前を向いて大きく復興をとげた所もあります。でも、何も変わらない所もあります。
2016年、福島県相馬市にフッ素洗口の講演に行くため、帰還困難区域をバスで通り過ぎたことがあります。今にも家から人が出てきそうな、あの日そのままの光景を見て、涙が止まりませんでした。

「この10年、日本は何をしてきたのだろう」というやり切れない思いは、今も残ったままです。

ようやく春・・・。あの日は雪まじりの寒い日でした。
   

 

 

 

 

 

雛祭りですね。

2021年3月3日

カテゴリ:

ようやく春。
雪はまだ残っていますが、あちこちに土が見え、花壇には一冬耐えたなでしこの葉の緑が見えるようになりました。
高校は今卒業式がピークです。私の出身高校は、もとは「女学校」だったためか、3月3日のひな祭りの日が卒業式でした。
もうしばらくすると、あちこちにつくしやふきのとうが芽を出すのも楽しみです。

さて、新型コロナウイルス感染症に関するほけんだよりを更新しました。
今回のテーマは「ウイルスってなに?」です。小学校低学年用と、中・高学年用の2つを作成しましたが、どうでしょうか。
次回は中・高学年用と中学生用の「ワクチンについて」のほけんだよりを作ってみたいと考えています。

友人から頂いたおひな様。顔は綿棒でできています。