2019年4月8日

カテゴリ:

「そうか、今日は入学式か!」        
おめかしした子どもたちと保護者の方が連れ立って歩く姿をみて、気がつきました。
今年は春が早くやってきていて、今日も穏やかなお天気です。
年によっては、「雪が舞う中の入学式」なんてこともあるのですが、よかった、いい天気で。

今年もまた、新しい1年が始まったんですね。
春の日差しに誘われ、つくしも芽を出していました。

 

春です!

2019年3月15日

カテゴリ:

雪の多いミルミルの地元ですが、今年はほんとに雪が少ない!
で、もう「春です!」
自宅の裏庭には、すでにこんな「春」がやってきています。
小さな白い花が、たくさん咲きそろっていました。
見るだけでうれしくなりますね。
それから、「まったり京都」には椿の名所「法然院、安楽寺、霊鑑寺、大豊神社」もアップしました。
京都の椿もお楽しみください。

さて、学校も卒業式のシーズン。
そして息つく間もなく新学期が、健康診断が始まってしまいますね。
健康診断の事前指導にも、「からだの学習」を取り入れることができます。
できたものから順番に公開していきたいと思います。
新年度の活動に取り入れてみてはどうでしょうか。

思春期ヘルスセミナー~つながる~

2019年2月15日

カテゴリ:

しばらく時間が空いてしまいましたが・・・。この間のイベントを1つお知らせします。
2月3日「思春期ヘルスセミナー~つながる~」が行われました。この会は、県内の産婦人科のお医者さんが中心になって、性を取り巻くたくさんの関係者が情報を共有し、それぞれの場所で性に関するトラブルを予防したり、啓発活動を進める上での協力をするための会、として発足しました。
様々な職種の方が参加していましたので、とても貴重な情報を得ることができました。


さて、中学生用のほけんだよりを1枚アップしました。メディア・リテラシーの内容です。情報が氾濫する今、本当の情報を読み取る力は、大切な、そしてつけてあげたい力です。

いよいよ雪景色!

2018年12月29日

カテゴリ:

本格的に降ってきましたよ、雪!
学校もお休みに入り、ちょっと一息でしょうか。それともお正月の準備に大わらわでしょうか。

冬の話題のほけんだよりを、小学校低・中・高学年それぞれ1枚ずつ増やしました。
手書きの、しかもあまりきれいでない字で書いたものもありますが、ご勘弁ください。
市販のデータになっているほけんだよりは、確かに見栄えがいいんですが、
「これミルミル先生の字だ。わかる!」

と子どもたちに言われると、なんだかうれしくなって、
現役時代は、
手書きにこだわっていた部分もあります。
なにより、私が伝えたいことが、ストレートに表現できる!

でも、皆さんには読みにくいですよね。スミマセン!

インフルエンザ流行

2018年12月18日

カテゴリ:

学校関係者には、毎年恒例の出来事「インフルエンザ流行」ですが、
マスコミは毎年大騒ぎ!ですよね。
しばらく前から、厚生労働省のインフルエンザ予防ポスターから、「うがい」の文字が消えて
しまったこと、みなさんはすでにご存じだと思います。

でも、ミルミル現役時代は、インフルエンザ予防の三種の神器は「うがい、手洗い、マスク」でした。
それを考えると、これまでの情報を修正する必要もありそうですね。

さて、「性の学習」に小学校4年生用の指導案と教材、高校生用の教材をアップしました。
高校生用の教材は、ミルミルの・・というより、“人間と性”教育研究協議会山形サークルの
作品です。

講演会「発達障がいと性教育」

2018年11月30日

カテゴリ:

さあ、いよいよ12月ですよ。走らなくちゃ・・・。でもできれば歩きたいな。
その12月を前にした11月18日“人間と性”教育研究協議会山形サークル主催の講演会が
行われました。

講師は立正大学の児嶋芳郎さん。約90分にわたる
お話しでしたが、大変好評でした。
参加者は約80名。

穏やかな口調で、でも発達障がいの子どもたちを
どう捉えるか、そしてどの子にも必要な「人権」
としての性教育の重要性をお話しくださいました。

ピロリ菌検査 賛否

2018年11月16日

カテゴリ:

 すっかり寒くなりました。北海道には「雪」のお天気マークが出るようになりました。ミルミルの地元にも、もうすぐ雪の季節がやってきます。

 ところで、11月13日付の朝日新聞1面に、「子のピロリ菌除菌 学会賛否」という記事が載りましたが、ご覧になりましたか?
 ミルミルの地元県内でも、中学校にピロリ菌検査が導入された所があり、疑問に思っていました。
学校で行う健康診断は、「学校生活を行う上で支障の出る項目を調べる」のが原則だったのではないでしょうか。ピロリ菌除菌は、学校生活に必要なの?う~ん、理解できない!

 ましてや「賛否両論」のものを学校に導入する必要は、どこにあるんでしょうか。
「疑わしきは使用せず」 学校という場は、それが大原則ですよね。

寒くなりましたね

2018年10月17日

カテゴリ:

一気に気温が下がり、厚手の布団が必要になりました。皆さん、かぜなどひかれませんようお気をつけ下さい。さて、10月は性教育の指導案や資料をお届けしようと考えていたのですが、使用予定の資料の許可がでるのに、ちょっと時間がかかっています。
もうしばらく、お待ちください。

ほけんだより追加しました。

2018年9月20日

カテゴリ:

「からだの学習」の指導を作るとき、それが「科学的に正しい知識かどうか」を確認する、ということを大切にしています。今はインターネットがありますが、以前は書籍で調べるのが大変でした。今回、このページを作るに当たって再度確認し、一部変更した部分もあります。

でも、今は性教協の仲間に、お医者さんが(婦人科、小児科、皮膚科等)いるので、大助かりです。ありがとうございます。

デートDV出前講座に行ってきました

2018年9月15日

カテゴリ:

ようやく涼しくなってきました。

でも北海道の地震が・・・・。友人がたくさんいるので、とても心配しました。

7年前の東日本大震災を思い出しながら、いまだ避難中の方がたくさんいることを思うと、

やり切れない思いでいっぱいになります。

先週、地元の高校で「デートDV」の講話をしてきました。

真剣な高校生のたくさんの目・・・。久しぶりに緊張感と充実感を味わってきました。

少しでも彼らの役に立てるといいのですが。