千本ゑんま堂、千本釈迦堂、雨宝院、妙蓮寺、本法寺

2019年7月19日

カテゴリ:その他

このルートは、千本ゑんま堂(引接寺)から全線徒歩のルートです。
途中、「たん切り飴」で有名な飴屋さんもあります。
正直に言いますと、「たん切り飴」は、あまり期待を持って行ったわけではなかったのですが、
なんと食べてみるとおいしい!!
やっぱり長い年月を経て受けるがれたお店の味は、甘く見てはいけない!ごめんなさい、です。

千本ゑんま堂(引接寺)

本堂の中に、大きな閻魔大王の像があり、これがご本尊。
お寺の方が丁寧に説明をしてくださいます。
閻魔大王は、地獄の入り口で、死んだ人の行き先を一人で決めていたような印象がありますが、じつは何人かいる判定員の一人。
死んだ人を地獄に送りたくない、という思いから、地獄の恐ろしさを伝えようと恐ろしい形相をしているのだそうです。

もともと千本通りは「蓮台野」と呼ばれた風葬の地。
その謂われにふさわしく、ちょっと怖~い写真などもありました。

庭には、「ゑんまどうふげん」という名前の普賢象桜があります。
この時は、木が遠くにあったこととまだ花がたくさん開いていなかったこともあって、名前の由来と桜の関係がよくわからなかったのですが、後ほど千本釈迦堂で、なるほど!と納得しました。

大報恩寺(千本釈迦堂)

おかめ伝説のお寺。
本堂の前に大きな普賢象桜があり、この木は間近で見ることができました。
なるほど、花の中心から長いめしべがでています。
これが、普賢菩薩の乗る普賢象の鼻に似ているので、この名前がついたとか・・・。
かなり想像力豊かな人が名付けたんでしょうね。でも、八重桜で、とってもきれいな桜です。

このお寺のお勧めは宝物殿です。
鎌倉時代の名仏師快慶、定慶作の仏像がたくさん並んでいて圧巻です。
どの仏像も、柔からに流れる線と、また一方では力強い立ち姿に、なんだか肩の力が抜けてしまいました。
いつまで見ていても見飽きない、そんな気分になりましたが、今日の日程はまだまだ詰まっているので、30分ほどで切り上げました。
また来ようっと。

雨宝院

細い路地の中にある小さなお寺なんですが、もう入り口から人がいっぱい。
ここは知る人ぞ知る桜の名所なんです。
狭い境内には、見上げると桜の天井が広がっていて、しかもソメイヨシノではなく、八重桜や御衣黄桜(ぎょいこうざくら)といった、珍しい桜もあります。

また、つい最近まで秘仏だったという「千手観音立像」は、重要文化財に指定されていて、有料でしたが、見せてもらうことができました。
京都市内の美大の先生が、この仏像を見せるため学生さんを連れてくるほど、見事な仏像だと、お寺のおばさんが説明してくれました。
1200年前の仏様なのに、金箔も表面に残っていて、切れ長の優しい目の仏様でした。

御衣黄桜・・・黄緑色の八重桜  貴族の衣装である萌黄色に近いため、高貴な桜として珍しがられたそうです。見事な萌黄色でした。

妙蓮寺

このお寺には長谷川等伯のふすま絵があるのですが、残念ながら予約しないと見られません。
次回はぜひ予約してから・・・。
千本通り近辺は、応仁の乱で戦場になった場所で、多くの寺が焼け落ちて再建されています。
妙蓮寺はさらに江戸時代にも大火にあって、ほとんどが焼け落ちた後再建されているためか、とてもきれいなお寺でした。
お庭も新しく作られたところがあり、静かなお部屋で、桜の花びらが舞い込むお庭をゆっくり見てきました。

本法寺

この日最後に訪れたのが本法寺。
お目当てはちょうど開催されていた長谷川等伯の特別展です。

長谷川等伯は皆さんご存じのように能登の生まれですが、40才を過ぎた頃に京都に上り、絵師としての成功を収めた人です。
本法寺は、その等伯が拠点とした寺。

私は等伯も好きなのですが、息子の久蔵が書いた「桜図」(智積院蔵)がとても好きです。
本法寺には、等伯が書いた「大涅槃図」があり、ちょうとそれが公開されていました。
1階から2階にかけて展示されている大きな絵図で、向かって左側に等伯の自画像ではないかと言われる人物が書かれているとのことでした。

また、お庭も本阿弥光悦の作と伝えられており、多くの有名人に支えられ、信仰を集めたお寺だったんでしょうね。

俵屋吉富のお店でお茶しました。桜の季節に合わせ、華やかな和菓子に癒やされます。
裏千家、表千家がすぐ目の前なので、お着物姿の方がいて、またまたほっとしました。

まばたきの役割

2019年7月17日

カテゴリ:その他

 1980~90年頃にかけて、「こどものからだがおかしい」
という指摘が、日本全体で大きな話題になったことがあります。
日体大正木健雄教授が中心になって作成した報告書で指摘され
たのは、「朝礼でバタン、背中ぐにゃり」などなどの子どもの
身体の変化でした。発育学の観点から問題提起されたものです。

 学校で実際に子どもたちと接していても、同様に「なんだか
おかしい」と感じることはたくさんありました。そのおかしさ
の一つに「物がとんできても、とっさに目をつぶ
れない」という
ものがありました。

 あれから30年経って、子どもたちの変化は、どんどん大き
くなっているように思えます。転んでも手が出ない、小学校
1年生でも視力が1.0まで発達していない、土踏まずが形成
されない・・・etc。とっさに目をつぶる働きとは違います
が、まばたきが大切な役割を果たしていることを伝えようと考
えて、ほけんだよりを作ってみました。

 

うんこのおねがい

2019年7月17日

カテゴリ:その他

 このほけんだよりは、小さな本になります。私はA3の用紙に印刷して、一部にカッターで切り込みをいれ、谷折り、山折りをしていき、小さな本にしていました。形が違うだけで、子どもたちは大喜びです。どこをどのように切って折るのかは、ほけんだより本文に書き込んでありますので、参考にしてください。「折るのは大変」という方は、8枚に切ってしまってから綴じてもいいと思います。その他にも、みなさんの知恵で活用してください。

 

   このほけんだよりは、

    「保健室発からだの学習~“観”を育む小中の健康教育~」
                     (東山書房)

         に掲載されています。

    実線・・・切る   山・・・山折り    谷・・・谷折り

 

 

 

 

 

 

 

健康な白い歯・・・ん?

2019年7月17日

カテゴリ:その他

 昔「芸能人は歯が命」という、CMのキャッチコピーがありま
した。今は芸能人だけでなくスポーツ選手などのみなさんも、多くの方がホワイトニング等を使用しているのか、真っ白な歯をしています。
 「でもねえ、歯は白くないんだよ」と言うと、子どもたちは「えっ、うそ~!!」と言います。「私はうそは言わないよ」なんて返事をしてから、つい長々と説明を・・・。
 また、こんなこともありました。「うちのおじいちゃんの歯って、黄色なの。なんだか汚いよね。」とつぶやく言葉を耳にし、「ちょっと待った!黄色いのは汚いわけじゃなくて・・・」とまたまた長々の説明。いっそのこと、ほけんだよりにしてみました。

 人間の歯は2層構造になっていて、上に被さっているエナメル質は半透明ですが、光を反射して歯全体を白っぽく(あくまで“ぽく”です)見せています。そのエナメル質が年齢とともに薄くなると、下の象牙質のクリーム色が透けて見えるようになり、クリーム色が強くなります。つまり、お年寄りの歯がクリーム色っぽいのは、自然の変化なのです。

 子どもたちのまわりには、人間本来のからだの仕組みや様子について、誤解を招きやすい物もたくさんあります。本来のからだはどうなっているのか、きちんと伝えた上で、子どもたちが生き方を選択できるようにしてあげたいものです。

 

教材の作り方

必要なもの    炭酸飲料のペットボトル 底から7~8センチ   2つ     
         白いビニール(袋でも可)  それより色味の薄いビニール(袋でも可)

         紙粘土(写真のものは、最初から黄色のもの)
作り方      ①ペットボトルを7~8センチの高さに切る。


        ②ペットボトルに紙粘土を入れて、型を取る。ただし、きっちりと型を取る必要は
         ありません。ペットボトルの中に、ゆとりをもって紙粘土が入るようにつくりま
          す。 

                
    ③ペットボトルの内側に、ビニールを貼ります。
        ④紙粘土に、ビニールを貼ったペットボトルを被せると、できあがり。

 ペットボトルの中に貼るビニールの色合いによって、いろいろな見え方を提示できますので、たくさん作って見せてもいいと思います。

 

毎日教室で視力検査

2019年7月17日

カテゴリ:その他

 中学生期は、視力の変化が起きやすい時期です。年に1~2回程度の検査では早期に発見することが難しく、「もっと早く見つけて欲しかった」と保護者に言われたこともありました。でも、学校が検査に使える時間が無限にあるわけでもなく、限界はあります。
 そこで、子どもたち自身に、自分のからだの変化に気づいてもらいたいと考え、教室にランドルト環の視力表を貼ってみることにしました。でも、ただ「貼りますよ~」ではつまらないので、ほけんだよりと一緒に教室に届けます。

 ランドルト環って、切れている部分の長さが問題だっていうこと、みなさん知ってましたか?私は勉強不足で養護教諭になって20年くらい経ってから知りました。~反省~

 以前、視力5.0だと、どのくらいまで見えるのか実験したことがあります。視力の計算方法をネットで調べ、3階の教室から見える中庭のある地点に1.0のランドルト環をおくと、5.0になることがわかりました。
 さていよいよ子どもたちに3階から見てもらうと・・・「どこにあるのかわからない!!」という声がたくさん!!ランドルト環どころか、どこに置いてあるかさえよくわからない、という結果でした。サバンナに暮らす人たちは、偉大ですね。

 ほけんだよりの文中には、幾つかの疑問が投げかけられています。その疑問について、子どもたちと話をしてもらっても面白いですよ。

 

 

 

スマホっ首を探せ!

2019年4月10日

カテゴリ:その他

この教材は、2009年に出版した「保健室発『からだの学習』~“観”を育む小中の健康教育~」に「隠れ猫背をさがせ」として掲載したものです。本では、小学生
の教材になっていますが、むしろ中学生に必要な内容です。
今は「猫背」が「スマホっ首」もしくは「ストレートネック」と言い方を変えて、子どもたちのからだの問題として提起されていますので、名称を一部変更しました。
スマホっ首は、猫背と全く同じではありませんが、からだの重心がずれてしまったり、頸椎が圧迫されて肩こりや首の痛み、頭痛などの原因になることは同じです。
自分の姿勢をチェックしながら、「気をつけよう!」という気持ちを持ってくれたら・・・と考えました。

発見器を使う際、横から見た肩の中央、腰の中央、ひざの中央
くるぶしなどにシールを貼ると、より一層歪みがわかります。

 

 

 

教材の作り方
①スマホっ首発見器

市販のマグネットを2つくっつけて、それをラップでくるみ、さらに1.5mほどの長さのひもをつけてできあがりです。

②スマホっ首の姿勢、③正しい姿勢

 

内科検診

2019年4月10日

カテゴリ:その他

京都へ行こう!

2019年4月2日

カテゴリ:その他

突然、養護教員とは何の関係もないページが・・・と驚かれた方もいらっしゃいますよね。
このページは、あくまでわたくしミルミルの趣味のページなので、興味のない方は、
スルーしてください。

実は、ミルミルはかなり筋金入りの「京都ファン」なのです。
最初の京都は高校時代の修学旅行・・・というどこにでもあるきっかけですが、以来「うん」十年、事ある毎に京都に通い続けてきました。

特にこの10年ほどは、亡くなった両親の遺骨が、東本願寺の御廟「東大谷廟」に納められていることを口実に、頻繁に出かけるようになりました。現役時代は、ぜえったい!に行けなかった4月とか、1月などにも出かけております。

そこで、ちょっと変わった京都の情報を「発信してみようかな」と考えて、このページを作ってみました。

忙しい毎日をお過ごしの養護教員の皆さま、このページで、少し息抜きをしていただけたら嬉しい限りです。

        (写真は「大原問答」で有名な大原勝林院の紅葉)

子どもたちとの会話「性の学習」

2019年4月2日

カテゴリ:その他

性の学習は、私にとって子どもたちとそれぞれの考え方を交流する、とても貴重な時間です。
性の学習をするときは、授業の最後に
必ず感想を書いてもらうことにしてい
ます。
この感想は、もちろん私自身が自分の
授業の評価をするためのものですが、
同時に授業の中では十分できなかった、
子どもたちとのコミュニケーションの
手段でもあるのです。

 Aさんが授業後に書いた感想に、私
が返事を書く。それについてまたAさ
んから返事が来て、時によっては学級
全体に問題を投げかける・・・そんな
展開になることもあります。特に中学
生との学習では、教師と生徒というより、一人の人間同士として対等に向き合え、さらに意見を交換しあえる場だと思います。

 ぜひあなたも、子どもたちと命について話し合える場を、性の学習で作ってみてください。担任と協力し合いながら、あるいはあなたがリードしながら。子どもたちの豊かな性と人生のために・・・。

「管理」から「教育」へ

2019年4月2日

カテゴリ:その他

健康診断は、学校保健の分類によれば、「保健管理」に分けられ、学習や指導とは違った活動です。
その目的も、子どもたちが学校生活を送る上で、支障となるような身体的異常がないかどうかを調べ、
もし異常が見つかったときには、適切な対応をするために実施されるものです。
ですから、あくまで管理をするための活動、と割り切ってしまうこともできます。
さらに、学校現場では、短時間で流れ作業のように、さっさと実施することが要求される場合もあり、子どもたちが自分のからだをじっくり見つめる場には、なかなかなりにくくなっています。

でも、受けるのは子ども自身です。からだの状況を調べるせっかくの機会に、なんとか自分のからだに目を向けて欲しい、ということで、健康診断の事前学習として「からだの学習」を行いました。
単なる事務連絡だけでなく、学びの場として活用することができます。

実際の指導は、ほけんだよりと同様、担任にお願いすることになります。
学校の状況や日程などを見比べて、担任の負担にならない程度から始めてみましょう。