中学校 ペストマスクはどうして?

2021年7月8日

カテゴリ:その他

人類は昔から様々な感染症とつき合ってきました。
紀元前6000年の西アジアには、すでにマラリアが流行した痕跡がみられていますし、紀元前1500年頃のエジプトで作られたミイラの顔には、天然痘の跡が残っていたそうです。その存在が発見される遙か前から、人類と細菌やウイルスはつき合ってきたのです。
1870年頃になってようやく顕微鏡が発明され、パスツールやコッホの研究によって、細菌はその姿をはっきりと人類の前に現します。
さらにウイルスに至っては、電子顕微鏡が発明される1935年頃まで待たなければなりませんでした。
つまり、細菌を見ることができるようになってからまだ150年、ウイルスを見ることができるようになってからは85年しか経っていないのです。紀元前からの付き合いに比べれば、まだまだ「最近のこと(だじゃれではありませんよ)」と言うわけです。
細菌やウイルスの存在がわからなかった頃、人類はどのように感染症とつき合ってきたのでしょうか。そんなことを、ペストを例に中学生と一緒に想像してみました。

参考資料  「細菌と人類」 ウイリー・ハンセン ジャン・フレネ著 中央公論新社

T:今日はちょっと変わった話をしたいと思います。今、新型コロナウイルス感染症に世界中が関心を寄せているので、ウイルスや細菌と人間の歴史の話をしたいと思います。
さて、この絵(教材①提示)を見てください。見たことありますか?
S:ありません。
S:ハロウィーンの仮装にこれあったよ。
S:ゲームのキャラクターと似ている。「ワンピース」の「カラス隊長」がこんなマスクつけてるよ。
S:今つけているカラスマスクにも似ている。
T:今、コロナ予防として売られている黒いカラスマスクとも少し似ているね。でもそのカラスマスクと言う言葉の意味する、「カラスみたいな口の尖ったマスク」は、この絵の時代からあったようですね。この絵は、1619年頃のフランスのお医者さんの絵です。日本は江戸時代初期。だから、そんな大昔の話ではないんですよ。この服装で、お医者さんはペストという病気の治療をしていました。予言で有名な「ノストラダムス」も、この格好をしてペストの治療をしたそうですよ。ペストという病気は、リンパ節が腫れ上がり、熱が出て、全身から出血して、血を吐いて1週間程度で死んでしまう病気です。その治療をする際の服装ですが、それぞれ目的があってこんな服装をしたのだそうです。どんな目的があったのでしょうか。例えば、この全身をつつむマントは、どうだろうか。
S:病気になった人の血がつかないようにしたんだと思います。
T:血を吐いて死ぬんだものね。その血が飛び散らないようにした。どうですか?
S:そうだと思う。
S:他にも、病人に触らないようにしたのかも。
S:だ液とかもあるし。そもそも病人に触れても大丈夫なようにしたと思います。
T:その通りです。病人を治療するのだから、直接触れないように、あるいは病人から何かがお医者さんにくっつかないように、こんなマントを着たのだそうです。ということは、当時の人たちは、患者に触れると病気がうつる、と考えていたことになりますね。では、この杖はどうだろう。同じように考えると、杖を持つ目的はどうなりますか?
S:病人に触らないようにする。
S:杖で病人をつつく。
S:え~っ、それひどい。
S:でも触ったらうつるって考えていたら、そうしない?
S:う~ん。
T:病気で苦しんでいる人を杖でつつくなんて、今考えるとかなり残酷に感じるけれど、ペストは別名「黒死病」と言われるほど、致死率が高かったんです。一度病人が出たら、あっというまに病人が増えていくわけで、それを治療するお医者さんも、それだけ大変だったということですよね。実際に、この服装をしていてもお医者さんは次々と死んでいったんだそうです。だから、この杖を使って診察したり、周囲の人に指示したりしたそうです。では、最後。この問題の鳥の嘴のようなマスクはどうなんでしょう。ちなみにこのマスクの中には、ミントなどの香料や薔薇の花びらなどを詰めていたそうですよ。
S:う~ん、難しいな。なんで鳥なんだろう。
S:鳥が病気を持って行ってくれると思っていた、空を飛んで!
T:おお、近い!
S:鳥に病気をくっつけた、とか、鳥が病気を食べてくれる、とか・・・。
S:魔除け。香料は魔を払ってくれる。
T:おっ、来たぞ来たぞ。
S:ミルミル先生、なんだよ「来たぞ来たぞ。」って・・・。
S:(笑い)
T:みなさん、想像力たくましくて、正解に近いですよ。ペストは鳥から感染する、と当時の人は考えていたのです。だから、感染した病気を鳥に返そうとして、鳥の嘴のようなマスクをしたのだそうです。また、病気は悪い空気で広がる、今の言葉で言えばエアロゾル感染する、と思っていたので、嘴の先に空気を浄化する目的で香料や薔薇を入れたのです。
S:実際にはペストは何で感染するんですか?
T:ペストは、ペスト菌という細菌を持っているネズミをノミが刺して、そのノミに人間が刺されることでうつります。
S:じゃあ、鳥も空気も関係ないんだ。
T:そういうことになるね。
S:なんだ、無駄なことをしたんだ。
T:そう。なぜこんな無駄をしたかというと、当時は細菌やウイルスは発見されていなかったので、病気に対する正確な知識がなかったんです。だから、空気で感染するとか、鳥から感染するとか、さらにこの鳥のマスクの目は、赤い覆いが被せてあったそうで、視線を合わせると感染すると思われていたんです。でも、実際はネズミを刺したノミが原因で、人から人に感染することはなかったんです。わからないなりに、人間は今までも必死に感染症に対処してきたんですね。日本で言えば江戸末期の1870年になって細菌が、昭和10年、つまり1935年にウイルスが発見されて初めて人間はその姿を見ることができるようになりました。これは倍率の高い顕微鏡や電子顕微鏡が発明されたからなんです。そんなに昔ではないよね。だから、細菌やウイルスについては、今も新しい発見が次々と公表されています。こんな服装をしていた時代と比べると、今は原因や予防方法、治療法などが、全てではありませんが科学的に解明されている点もありますよね。それでも、まだまだわからないことはたくさんあるし、もしかするとみなさんの中から、将来細菌やウイルスを研究する人が現れるかもしれないよね。でも、このペストのお医者さんの姿を見ると、科学的に考えて、根拠を持った情報をもとに対処するというのは、本当に大切なことなんだな、と私は痛感するんですが、みなさんはどう感じますか?
最後に1つ、面白い話を。「ロミオとジュリエット」というシェークスピアの戯曲を知っていますよね。「薬を飲んで死んだふりをするからよろしく」とジュリエットが出した手紙がロミオに届かなかったためにジュリエットが死んだと思い込んだロミオが死んで、目を覚ましたジュリエットも後を追って死ぬんですが、その手紙が届かなかった理由は「ペストが流行していて、手紙が届かなかったんだ」とシェークスピアが言っていたそうですよ。
S:え~っ、ほんとに?
T:では、これで終わりです。

教材の作り方

教材①  ペストマスクの画像は、インターネットからとりました。

 

 

 

 

小学校高学年 身長と体重と骨と筋肉

2021年7月8日

カテゴリ:その他

学校での身長体重測定の場で、みなさんはこんな会話を聞いたことはありませんか?
「やった~!! 身長が4センチ伸びた!」
「体重も増えちゃったよ。あ~ん、体重は増えて欲しくないのに」
「身長だけ伸びる方法ないのかな」
「プロテインとか、サプリとか飲めばいいんじゃないの?」
ほぉ~、そんなこと考えてるのか、と隣でにんまりするミルミル。
そこで、次の身長体重測定の機会に、こんなショート指導をしてみました。

言うまでもなく、思春期の骨は軟骨の「骨端線」が骨化することで大きくなり、大きくなった分骨量も増えるし、骨を支えるために筋肉量も増えていきます。もちろん、骨が大きくなり筋肉量が増えれば、重さも増しますが、身長の増加スピードと骨量や筋肉量の増加スピードには、3~6ヶ月程度のピークの差があるようです。十分重みが増すまでの間は、身長が伸びていても、骨も筋肉も成長しきっていないことになり、その分からだに負担もかかることになります。だから身長だけが大きくなって、体重が全く増えない場合は、柔軟性が低下することもあるようです(*1)が、ここでは、その内容には触れないことにします。
また、身長がどのくらい伸びるのかは、遺伝や環境に左右され、特定の栄養分を多量に取ったから伸びる、というものでもありません。
現在販売されている「身長が伸びる」とした食品やサプリメントは、科学的な根拠がないものが多く、この際ですから、このことも子どもたちに伝えておきたいと考えました。
さて、子どもたちはどんな反応を見せるでしょうか。

*1カナダ人の男女の子どもを追跡調査した結果(Rauch等)

 

T:さてみなさん、測定は終わりましたか?
S:は~い。
T:結果はどうでしたか?
S:身長が伸びた。やった!
S:太った。
S:ぜんぜん身長が伸びない。がっかり。
T:いろいろありましたね。では、みなさんに質問。身長が伸びることと、体重が増えることは、関係あるでしょうか。
S:ないと思います。身長は骨が大きくなるだけだから、体重は脂肪とか筋肉が増えないと変化はないと思います。
S:あると思います。だって骨が大きくなったら、当然重くなるから。
S:3,4センチ大きくなってもたいして重くはならないよ。
S:脂肪とか筋肉は重いけど、骨は軽いと思うけどな。
T:はい、これ骨(教材①)。豚の骨だけどね。持ってみて。
S:ほら、軽いよ。
S:え~っ、結構重さはあるよ。
T:じゃあ、ちょっと別なことも考えてみようか。骨は、からだの中で筋肉と繋がっています(教材②提示)。骨が大きくなったのに、筋肉が増えて長くならないとしたら、どうなると思う?ただし、筋肉の付け根は動いたりはしないからね。
S:筋肉が伸びる。
T:残念。筋肉は縮んだり緩んだりはするけれど、伸びたりはしません。だって、考えてみて。筋肉が伸びたり縮んだりしたら、(教材②をさして)骨と骨がちゃんと繋がらないで、関節が固定されなくなってしまうよ。
S:そうか。骨は筋肉でつながっているのか。
T:筋肉は伸びずに
長くなるだけです。もし(教材③提示)骨だけが大きくなり、筋肉が長くならないとしたら、こんなふうに骨と骨がぶつかってしまうことになります。
S:えっ、それって真っ直ぐにならないよね。

T:そうですよね。だから、実際には骨が大きくなれば、筋肉も大きくなる、ということになりますが、そうなれば体重はどうなるでしょう。
S:増える!
T:そうなりますね。だから、身長が伸びると、当然体重も増えていきます。もちろん骨も大きくなれば重くなります。さらに、大きくなった骨や筋肉を、丈夫なものにするためには、カルシウムやたんぱく質などが必要です。では、逆はどうでしょう。カルシウムやたんぱく質をたくさん取れば、骨や筋肉は大きくなり、身長も伸びるのでしょうか。
S:ならないと思います。
T:どうしてそう思いました?
S:何となく
S:大きくなった骨や筋肉が丈夫になるのにカルシウムやたんぱく質が必要だから。
S:まずは骨や筋肉が大きくなるから。カルシウムはその後。
T:そうです。カルシウムやたんぱく質は、骨を硬くしたり、筋肉を大きくしたりするのには役立ちますが、カルシウムやたんぱく質をたくさんとると骨や筋肉が大きくなるかというと、科学的根拠がありません。よく「これを飲むと身長が大きくなる」とか「もっと身長を伸ばしたい人にはこれがお勧め」といったCMがありますが、いずれの商品も科学的な根拠はありません。
S:そうなんだ。がっかりだな。
S:ミルミル先生、じゃあ、どうやったら身長は伸びますか?
T:みなさんは身長が伸びるために、何が必要だと思っていますか?
S:睡眠。「寝る子は育つ」
S:遺伝。
S:成長ホルモンがいっぱいでると伸びる。「からだのおしゃべり」に書いてあった。
T:すごい、みんな今まで学習したこと、よく覚えていましたね。では、もう一つ、おしえましょうか。「運動」も骨や筋肉を大きくするのに役立ちます。ただし、やり過ぎると逆効果になることもありますからね。
S:だから体育の授業があるのか。
T:そうですね。これからみなさんのからだは、どんどん変化して大人のからだになっていきます。でも、その変化の仕方はそれぞれ違います。人間のからだはもともと違う特徴を持っているので、違っているのが自然なのだということをぜひ覚えておいてください。

 

教材の作り方

教材①  豚の骨 (作り方はほけんだより 小学校中学年「骨ってかたい!・・・でも」)

教材② 

 

教材③

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナにかからずコロナを防ぐ「ワクチン」

2021年6月8日

カテゴリ:その他

新型コロナウイルスワクチンの接種が始まっています。
重症化しやすい高齢者から対象になっていますが、ファイザー社のワクチンは12才から接種が可能です。ということは、いずれ小中学生への接種が始まります。(すでに始まっている市町村もあるようですが・・・)
というわけで、コロナワクチンの「からだのおしゃべり」を作ってみました。
ただし、小学校の高学年には、まず免疫の仕組みを理解して欲しいと考え、イラストを使って、基本的な免疫の仕組みを説明しました。
そもそも人間のからだの免疫に関わるものには、たくさんの種類があり、その働きも複雑です。小学校では「保健・体育」の教科書に、感染症の記載はありますが、ごく簡単な内容です。
さらにファイザー社やモデルナ社のワクチンは、これまでとは大きく違う「mRNAワクチン」。コロナウイルスの表面にある「スパイクたんぱく質」を作るmRNAの部分を、脂質でくるんでワクチンの中に入れた、という仕組みのものです。
スパイクタンパク質は、人間の体内にウイルスが入ったときに、細胞にとりつく部分になります。
難しい言葉はさておき、イラストで楽しく学習してください。

教材の作り方

教材①
画用紙に注射器の絵を描きます。黄色のワクチン部分は、色画用紙を貼ってあります。

注射器のワクチン部分と同じ色のビニール袋の角を切ります。指令書は、くしゃくしゃになってもいいよう、不織布で作りました。

教材②

注射器の先端に穴を空けます。そこに、指令書を入れたビニール袋を入れ込みます。ビニール袋は引っ張れば簡単に外れるようにします。

中学生も受けられるんだよコロナワクチン

2021年6月8日

カテゴリ:その他

ワクチンの「からだのおしゃべり」小学生用は、免疫の仕組みを中心に作成しましたが、中学生ですから、ある程度は免疫の仕組みはわかっているもの(・・・そうでもないかもしれませんが)として、もっと具体的にコロナワクチンについて説明することにしました。
免疫の仕組みは、中学校3年生の保健の教科書に載っていますが、DNAやRNAについては高校生で詳しく学習します。まずは、あまり難しくならずに、基本的な情報を伝える内容になるよう配慮してみました。
ただ、一方的に説明を聞くだけでは、「ふ~ん」で終わってしまう可能性がありますので、2カ所、生徒の皆さんが考える部分も作ってあります。
この「からだのおしゃべり」は、現場の養護教員仲間の協力を得て、実際に中学生にワクチンについて質問した結果を基に作りました。
また、実際のデータがいくつか載っていますが、特に副作用に関するデータは、大学附属病院の職員と大学院生へのアンケートから抜粋しました。高齢者はほとんど含まず、20代前半の人たちも含まれていることから、このデータを選びました。
教材のコロナウイルスの図は、スパイク部分が小さくて、使いにくいかもしれません。その時は、ネット等から使いやすいものを選んでみてください。

教材の作り方

教材①(東山書房 「健康教育イラスト・カット 後期編」より)

教材② 教材③ 教材④

 

教材①、②、③、④は、同率に拡大して使えるようになっています。
教材②は、教材①の喉の部分から、吹き出しになるようにおきます。
右のコロナウイルスは、上の二つが教材③です。教材②の細胞の受容体部分にはめ込まれるように周囲の紙を切り落としておいてください。
コロナウイルスの下の2つは教材④です。Yの部分が抗体、と考えてください。

 

 

 

読むだけ内科(中学校) なぜ健康診断をするの?

2021年5月6日

カテゴリ:その他

内科検診が、健康診断の最初に行われるとは限りませんが、総合判定にもなる内科検診事前指導で、学校で行われる健康診断の目的を説明してみました。同時に、とても大切な要素「からだのデータは、個人のプライバシーである」ことを、ぜひ伝えましょう。
最近は、SNSで下着姿や裸の写真を送って、トラブルになる事件をよく聞くようになりました。もちろんプライベート・ゾーンは、最大のプライバシーですが、そもそも「からだ自体が個人の重要なプライバシーである」ことを、生徒達はわかっているでしょうか。
以前は、身体計測で身長や体重の測定値を測定者が読み上げ、保健委員が記入する、などといった方法をとっていた時期もありました。
しかし、これでは個人のプライバシーが守れないことから、読み上げをせず、測定者が記入する方法へと変化しています。
プライバシーであるからだのデータは、本人の許可なく見たり、他の人に教えたりするべきものではありません。その人だけが知りうることとして、大切にされなければいけないことです。もちろん、医師や保護者、一部の学校関係者など例外もありますが、そういった人たちには「守秘義務」が課せられています。
町の中に監視カメラが増え、個人のデータがインターネットで集約される社会に変化しつつある今こそ、個人のプライバシーを自分で守ることができる力が必要になっていきます。

読むだけ眼科(中学校)

2021年5月6日

カテゴリ:その他

眼科検診と耳鼻科検診で見つかる病気には、アレルギーが原因になっているものがあります。どちらで説明してもいいのでしょうけれど、今回は眼科検診で説明してみました。
以前、アレルギーの発症を説明するのに、「バケツ理論」という説が用いられていました。みなさんはとっくにご存じでしょうけれど、今はこの「バケツ理論」でアレルギーは説明できないことがわかっています。今使われるのは「シーソー理論」です。
「バケツ理論」は、多くの人に信じられていて、生徒たちの中にもそう思い込んでいる人がいる可能性があります。新しい考え方をぜひ紹介して、正しい知識を持てるようにしましょう。また、科学は日々進歩していることも感じてもらえればいいですよね。
「バケツ理論」と「シーソー理論」を説明する際、イラストがあるとよりわかりやすいと思います。ネットで検索すると、両方ともイラストがたくさん出ていますので、それらを教材として使えば、よりわかりやすくなると思います。

読むだけ歯科(中学校)

2021年5月6日

カテゴリ:その他

小学生対象の歯の学習は、むし歯予防の内容が多いのですが、中学生では歯肉炎の指導が多くなります。特に「思春期歯肉炎」と言われる病気は、女性ホルモンや生活習慣の変化が原因で、中・高生になると一気に増加していきます。
教材で使用する本「歯肉を診る・歯肉を読む」は、実際の歯ぐきの写真がたくさん載っています。AとBの写真は、この本の23ページに載っている図20,図22です。歯肉炎の歯ぐきが、歯みがきによってきれいに回復している写真です。
もちろん養護教員のみなさんは、どこが歯肉炎なのかは一目でわかると思いますが、担任の先生方は、そういう訳にはいかないでしょうから、写真には解説をつけておきましょう。

 

 

読むだけ耳鼻科検診(中学校)

2021年5月6日

カテゴリ:その他

ある日、頭痛を訴えて一人の生徒が来室しました。熱などのかぜの症状はないのですが、かなり痛みが強そうです。話を聞くと、寝不足の可能性もあったので、1時間保健室で休むことにしました。しかし、休んでも痛みはおさまりません。結局お家に連絡し、早退することになりました。保護者の方に学校での経過を説明して、受診を勧めたので、かかりつけの内科医院に行ったところ、「これは副鼻腔炎が原因の症状だから、耳鼻科に行った方がいい」と言われたのだそうです。耳鼻科医院の診察後、保護者の方からの電話で、予想外の展開に驚きました。と同時に、自分の判断の甘さを痛感したものです。
鼻の病気が、学習効率や頭痛と結びつくことを知っている生徒は、そう多くないと思われます。鼻は、口や耳と繋がっていますが、さらに脳にもつながっていることになります。

読むだけ尿検査(中学校)

2021年5月6日

カテゴリ:その他

新型コロナウイルス感染症が流行するようになってから、体温を測る機会がふえました。
でも、測るたびに体温が違っていて、それを疑問に思っている生徒もいるようです。
1日の中で変動する体温とは違って、からだの内部体温あるいは深層体温と呼ばれるものは、ほぼ一定です。
そしてその体内温度を実感できる数少ない機会が、尿検査です。
ぜひ、体内温度を実感すると同時に、忘れやすい尿検査の動機付けになればいいのですが。

読むだけ内科(小学校) 

2021年4月6日

カテゴリ:その他

保健室発「からだの学習」~“観”を育む小中の健康教育~ (東山書房) P33より